ニュース&セミナー

【WEBセミナー】【2022業務自動化祭り】三井住友海上中国のRPA+AI-OCRの導入事例を解説!

2022年05月17日

 

RPAの次に来る自動化のトレンドとして「ハイパーオートメーション」という概念への期待が高まっています。ハイパーオートメーションでは、複数のツールや技術を組み合わせることでRPAの機能を拡張し、自動化の対象領域が拡大できるようになります。

 

Gartner 社はハイパーオートメーションの中心となるテクノロジーを、AI と ML による RPA の拡張としています。RPA と AI テクノロジーを組み合わせることで、オートメーションに新たな機能と柔軟性がもたらされ、以前は不可能だった、非構造化データの入力を必要とするドキュメント化されていないプロセスの自動化が可能になります。  

 

 本セミナーでは、「業務デジタル化から業務自動化へ」をテーマに、日系企業のRPAxAI-OCRの活用に関する最新情報をご紹介します。

 
 
 

開催概要

 

■開催日時:2022年4月21日(木)CST 15:00~16:30(JST 16:00~17:30)

■開催形式:オンラインストリーミング配信

■定  員:1000名まで(事前申込制)

■参加 費:無料

■講演言語:中国語

■主  催:テネス天陳

■視聴対象:

①総経理・副総経理もしくは企画管理部・財務部・IT部・購買部の方など

②DXやRPAに取り組もうとされている責任者/ご担当者様       

③RPAロボットを運用している責任者/ご担当者様

 

※本セミナーは視聴対象者を限定しており、法人様向けとなります。個人の方、視聴対象者以外の方や協賛企業と競合の方などお申込みはご遠慮いただいております。

 
 

プログラム

 
 

 

業務デジタル化から業務自動化へ

~RPAxAI-OCR導入事例で解説~

 

 

 

「ハイパーオートメーション」という概念への期待が高まっていますが、具体的にはどのように実現すれば良いでしょうか。また、日系企業の中国子会社のRPA導入状況はどこまで進んているか。中国現地はどの業務が自動化されているか。三井住友海上火災保険社からは、ハイパーオートメーションの導入事例について解説します。

 

三井住友海上火災保険(中国)有限公司

情報技術部 総経理

陳 婧

 

上海財経大学金融学院を卒業,PMP資格、CISA資格。

在任期間中、会社の数世代のコアシステムの建設、および情報システム全体の構築と再構築を担当した。DX技術を利用して業務効率化の改善を促進することに力を入れ、RPAロボットプロセスの自動化、ブロックチェーン、モバイルAI、データマイニングなどの技術を利用して企業の運営効率を高め、運営コストを下げることを目指す。システムアーキテクチャ、運営、保険業務プロセス、および財務業務を熟知し、業務アーキテクチャによってシステムアーキテクチャを構築する経験を持っている。

 
 

視聴方法

 

1.事前申し込み:

下の申し込みボタンをクリックして、当日視聴ページを入る。即時申し込みボタンをクリックし情報を記入して提出してください。あるいはTENEZの公式アカウントをサブスクライブしてから申し込んでください。

2.当日視聴方法:

①PC側:申し込みページの右側に「申し込んだ」ボタンがあって、携帯番号を入力してから、視聴してください。

②モバイル端末:TENEZの公式アカウントに入ってから視聴してください。

 
 
 
 

 

 

 





Tenez Technologies Co., Ltd.
テネス会社
上海市浦東新区祥科路298号祐越国際1棟4階A19室
電話:021-5080-5898
メール:service@itenez.com
上海 南京 杭州 武漢

Copyright 2016-2022 TENEZ Corporation 天陈科技(上海)有限公司,All Rights Reserved 沪ICP备16013096号 プライバシーポリシー